医療券

潰瘍性大腸炎は国で指定している特定疾患なので、申請して認められると医療費の助成が受けられます。


助成を受けるための申請は、新規申請は時期を問わずですが、継続申請はだいたい5月から6月あたりに継続用の書類が送られてきて、かかりつけのお医者さんに診断書を書いてもらって提出、という流れになっています。認められると、医療券(潰瘍性大腸炎のために医療機関にかかったとき、窓口で見せる券)が送られてきます。医療券は毎年9月末が新旧の切り替え時期になっていて、6~7月に提出→9月末までに次のシーズンの医療券が届くことになっています。(スイマセン説明ヘタです。詳しくはお住まいの自治体に確認してください(;´∀`))


私も5月末に診断を受け、所定の書類をそろえて申請しました。
認められて医療券が届いたのが7月末。
(∩´∀`)∩ワーイ来た~と思ってよく見たら、有効期限が今年の9月!!
ちょうど継続の時期にぶつかっていたから、来年の9月までの券が来るんだと思っていたら…。


医療機関によって違うようですが、うちのお医者さんは診断書を書いてもらうのに5,000円かかります。ついこの前5,000円払ったのに(´;ω;`)ウッ…


というわけで、5月~6月くらいに新規患者さんになった人は、こういうこともあるので心しておいたほうがいいですよ!!

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。