風邪をひいた

昨晩は思いのほか気温が下がり、真夏システムで寝ていたら風邪をひいてしまったようです。


市販の風邪薬の注意書きには、”潰瘍性大腸炎・クローン病の人は服用前に医師に相談のこと”と書いてあることが多いです。消炎鎮痛成分として、胃や腸を傷つけるものが含まれているからです。


お医者さんに行くほどでもない軽い風邪のとき、市販薬が飲めないと困るなあと思い、かかりつけの内科のお医者さん(潰瘍性大腸炎で診てもらってるのとは別の先生)に訊いてみました。


先生はまず、市販薬にそう書かれていることをご存知ではなくて、驚いていました。まあ、市販のお薬までは知らないですよね。ただ、市販の風邪薬は幅広い症状にやんわりと対応するため、さまざまな成分が少しずつ含まれているので、数日服用するくらいなら大丈夫だろう、とのことでした。こちらのサイトでも、お医者さんが同様の回答を寄せています。


短期間なら飲んでもいい、というのはほっとしますね。でも、こじらせておなかまで悪化させる前に、医療機関に行ったほうがよさそうですね。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。