ジェネリック薬

今日からお薬がペンタサ250mg錠からAKP250mg錠に変わりました。
といっても、メサラジンという5-ASA薬であることには変わりません。
AKPはペンタサのジェネリック薬なのです。


効き目には変わりがないということで、今回からジェネリック薬にしました。
財政難で特定疾患の範囲見直しの話題が挙がっている昨今なので、ちょっとでも安いものをと…(;´Д`)


薬価ってこれまでほとんど考えたことがなかったんですが、調べてみるとずいぶん違うんですね。
こちらのページにまとまっていたのですが、ペンタサとAKPでは1錠あたり20円くらい違います。私の場合なら、毎日9錠飲むので、月5000円以上違ってくるのです。特定疾患で費用負担がないとはいえ、大切な税金から出ているものですもんね。


うーん、こうやって比較してみると、ジェネリックが普及してくれることがとても大切だなということがよくわかります。


でもペンタサのほうがおなじみなので、今後もブログではペンタサと便宜上呼ぶことにしますね。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。