ダークサイドに堕ちかけた話

今日は午後から漢方の先生のところと、主治医のアナゴ先生の病院の掛け持ちでした。
昨日はプレドニン5mgで激しい症状が治まったのですが、今日になるとまたぶり返していて、家事&トイレ&仕事&トイレ&通院&トイレ&通院で何しろ大変。


病院ではものすごく待たされるし(まあこれは仕方がない)、道は混んでるし(年末だしね)、とにかく時間がかかってかかって。


漢方の先生は、体全体が冷えすぎ、体力がなくなっているので、炎症をとる柴苓湯(サイレイトウ)は体を冷やすから、少し温める成分を追加するとのことでした。


アナゴ先生からはとにかく一週間プレドニンを15mg/day(朝昼夜各5mg)服用して、しっかり炎症を抑えて、年末年始は落ち着いて過ごせるように頑張りなさいと言われました。食事も消化の良いものにして、足りない栄養分を補うための栄養剤(ラコール←これはけっこう美味しい)も出してくれました。


ようやく薬を出してもらったのに、薬局の不手際で1時間くらい待っても結局用意されず、明日以降に郵送だって。プレドニンは以前の残りがあったからよかったけど。


全部終わって外に出るともう真っ暗。
旦那さんのごはんの用意もできないから、近くのデパ地下に行ってお弁当を買って…

そうこうしてたら、ものすごく悲しいのと怒ってるのとなんだかぐちゃぐちゃな気分になってきました。
みんな元気そうでクリスマスとか御節とか美味しそうなもの食べて、連休もお出かけして、私なんてこんな時期におかゆくらいしか食べられなくて、休みだって全然なくて大掃除も年賀状も全然用意できてなくて、発症してからも仕事頑張って、食事も気をつけて、なんにも悪いことしてないのに、なんでこんな目にあわなくちゃいけないの?


発症以来一度も「なんでこんな目に」と思ったことはなく、めんどくさいなあって感じることはあっても、自分はうまくコントロールできるほうだし、わりと淡々と病気と共存できていたと思います。泣いたり、恨んだりしても、病気が良くなるわけじゃないしね、と感情の波を抑えていました。
きっと年末でバタバタしてるところに調子を崩しかけているから、心がぐちゃっとなってきたのかな。


家に戻って、買ってきたお弁当を温めたりしていたら旦那さんが戻ってきました。
その顔を見たら、急に感情が表に出てきて、「うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁステロイドの量が増えた。゚(゚´Д`゚)゚。ごはんもあんまり食べれない。゚(゚´Д`゚)゚。みんなはしゃいで美味しそうなもの食べてるのにクリスマスなのにうあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ」とギャン泣きしてしまいました。


すると旦那さんが、「こんなに我慢してるうちの嫁ちゃんに美味しそうなもの見せびらかしたのは誰だ!!どこにいる!!俺がぶん殴ってきてやる!クリスマスなんか消滅させてやる!!!」と慰めてくれました。


つい笑っちゃって、「いや、手を汚すのは自分でやりますので…(^皿`#;;; 」と涙も止まっていつも通りのゆる~くふざけた自分に戻りました。
あやうくダークサイドに堕ちるところだったのを、助けてもらいました。ありがとう旦那さん。
もう元気。もう大丈夫!薬飲む!!
すぐ復活する!


ご心配くださって、いろいろメッセージ下さった皆様、ありがとうございます。
嬉しかったです。周りの方に恵まれて、幸せだと思いました。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. pocota より:

    きなこママさん、こんばんは。
    お腹は落ち着いてますか?
    腹巻とかして暖かくしてくださいね。

    ご主人、優しいですね。
    読んでて泣けてきちゃいました。

    私も、7月からは気分にムラがあって、
    何度も家族にあたったり、
    一人で泣いたことが何度もあるので、
    すごくわかります。
    泣きたいときは泣いていいと思うけどなあ。
    そのあと、意外とすっきりして
    何事もなかったようにケタケタ笑ってます~。

    私がいきなり発狂(!?)するのがびびったのか、
    何にも手伝わなかった家族が、
    かなり気を使ってくれるようになったので、
    我慢せずに、言うことも大事だなって思いました。

    ホントに周りの方に支えられてるって幸せですね。
    心が温かくなりますね。

    お互い頑張りましょう~。

  2. ゆんたろ より:

    素敵な旦那さんだなぁ、、、(*´ -`)(´- `*)
    ありのままの感情をぶつけられる人が傍にいてくれて、ちゃんと泣けるって素敵、、、。

    見てはいたんだけどコメントもろくに残せなくて(´・ω・)スマソ
    でも今回ばかりは「( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん 分かるわぁ、、、」と思わずコメントを、、、。

    きなこママの病気については全くもって分かってあげられないけど。
    12月って何となく華やかで皆どこか浮かれてたりして。自分自身もどっか心がせわしなかったりして。
    それとは無関係な生活だったりすると「ポツーン、、、」って感じる事が結構あったりするよね。
    それでなくても寒くなり始めで、それだけで切なかったりするのに。

    ダイジョブだよ、きなこママ。
    きなこママより、もっと邪悪な事ばっかり思ってる人もいるから(笑)@ワタス
    きなこママのポンポ、早く良くなーぁれっと♪

  3. corgi_corgi より:

    pocotaさん☆
    心配してくださってありがとうございます。
    私、マイナスの感情を表に出すのがものすごく苦手で、嫌なことがあっても「まあいいや」って隠しちゃうんですよね。そういう性格だからストレスを溜めちゃってUCになったのかなーとも思います(笑)

    ご家族の皆さん、これまでpocotaさんに甘えきってたんでしょうね~。調子が良くなっても、ずっとお手伝いしてほしいですね。

    病気になって良かったことは、周りの人の温かさに気付けたことですね!旦那さんのありがたみもつくづく感じました(´∀`*)ポッ

  4. corgi_corgi より:

    ゆんたろさん☆
    たけちゃん、お出かけできるくらいに安定してきたみたいで良かった!仕事忙しいでしょ、コメントありがとうね。

    >それとは無関係な生活だったりすると「ポツーン、、、」って感じる事が結構あったりするよね。

    そうなの!まさにその気持ちだったの!
    他の人はみんな楽しそうに見えちゃって、自分だけ寂しくなっちゃったの。

    ワタスのデスノートもかなり不穏な内容ですヨ( ´,_ゝ`)プッ
    たけちゃん、つっくん、ゆんたろさん、みんな元気に楽しくクリスマスを過ごしてね。
    きな坊?相変わらずアホの子です!!

  5. corgi_corgi より:

    くまさん☆
    病気になったことを責められたなんて、どんなに辛かったことでしょう(´Д⊂グスン
    仕事も家事も子育ても介護も、なんてなかなかできることではないですよ。すごく頑張ってらっしゃったんですね。

    お子さんが心配してくれる、というのはこれまでのくまさんの子育ての成果、頑張りを見ていてくれる子に育ったということですよね。

    デパ地下は当分用事だけ済ませて駆け抜けることにします!オバチャンたちを吹っ飛ばす勢いで!!

  6. くま より:

    きなこママさん、辛かったですね。
    でも、優しい旦那さんと頼りになる主治医の先生方に囲まれてるから大丈夫!
    早くお腹が落ち着くといいですね。

    私も仕事に家事に子育てに叔父の介護にと頑張ってきたつもりなのに、この病気になったのは普段私が健康に気をつけなかったからだ、、、と散々責められましたが、幸い子供が心配して労ってくれるので、今頑張っていけます。
    誰か病気のこと理解して励ましてくれる人が周りにいるだけで感謝ですね。

    私もこの時期はデパ地下に行く時は目的地に向かってまっしぐら。
    美味しそうなものは見ないようにしています(笑)

    また寒波がきて寒さが厳しくなってきているので、本当に暖かくして、お家の中でまったりと過ごして下さいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。