加齢なるきなこ

きなこ、あと数ヶ月で10歳になります。
人間で言ったら60歳近く。いわゆるシニア年齢です。最近、以前に比べて頑固になり、散歩も毎回ノリノリというわけではなくなりました。最初は喜んで家から出るけど、すぐつまらなそうな顔になってしまったり。
今年の秋、我が家では環境が激変しました。それまでは毎日一緒に仕事場に行って、お客さんが来たり機械が動いたり、わくわくすることがいっぱいだったのに、今は毎日おうちにいて、どうしてこんなに退屈な日々になってしまったんだろうって思っているのかもしれません。

加齢による気分の変化ならいいのですが、犬が不機嫌になるときは、どこかに痛みが隠れていることも多いので、獣医さんに全身チェックをしてもらうことにしました。

そもそもきなこは獣医さんがだーーーーーーーーーーーい好きなので、着くなりハイテンション。待合室に入ったらコーギーの男の子がいて、いきなりプロレスを始めました。しかもきなこは勝つ気満々。病院なのでもちろんすぐストップさせたのですが、伺えば相手の子はまだ7ヶ月の若者。人間で言うと、男子高校生に60歳のおばちゃんが「おう、お前、プロレスやろうぜ!! もちろんこっちが勝つけどな!!」って、ありえないよ!

なんだか目的を忘れそうになりながら診察室に入り、かくかくしかじかで全身を診てほしいとお願いすると、先生はきなこの関節をモミモミ、聴診器ぽんぽん、きなこ大喜び。先生が机の引き出しを開けるときなこ鼻を突っ込み、先生大喜び。

先生「きなちゃん健康優良児だね~。でも、まあそろそろシニアだからね~」
私「そうですね、9歳ですしね」
先生「えっ」カルテの誕生日の欄を見直す。
  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

先生、リアルこっちみんなAAになってる。

先生「きなちゃんまだ全然若いと思ってたよ!! 6歳くらいだと思ってた!! 若々しいな~!!!」
きなこ美魔女やないかー!!

というわけで、体調には何も問題がないということなので、接し方を工夫することにしました。
私の体調が安定したら、最近サボってたオビディエンス(服従訓練。スワレ(停座)、フセ(伏臥)、タテ(立止)、マテ、オイデ(呼び戻し、招呼)、ヒーリング(脚側行進)など)のレッスンを再開しようかな。


さて、先日旦那さんときなこと三人で秋の終わりの公園に行ってきました。

可愛いぷりケツと旦那さん。



紅葉がきれいでした。



イチョウの葉を背景に。



イチョウとハト。



池にはカモ。



パンを投げろ! と強要するコイの魅惑のクチビル。
よっぽど魅了されたらしく、画像フォルダを見たらコイのクチビル写真が50枚くらいありました。



顔の毛はちょっと白くなってきたけど、美魔女なのよ。

きなこ、いっしょに長生きしようねえ。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。