腸、じゃなくて超オススメ!レシピ本

本屋さんでレシピ本を見るのが大好きです。
これまで購入したのは50冊くらいあるかなあ...見て満足しちゃって全然作ってない本も少なくないのだけれど。

潰瘍性大腸炎になってからはお肉なし、繊維多すぎも避けるし、揚げ物もほとんど食べないので、なかなかピッタリ来るレシピ本が見つかりません。お肉や揚げ物がないヘルシー系は雑穀や根菜をたくさん使っていたりするし、オーガニックと言うけれど油が多かったり、おしゃれで楽しいけど手に入りにくい食材ばかりだったりするし。

でも最近本屋さんで出会ったこの一冊は、まるでIBD向きに書かれたような本。だって、「病気になっても、おいしいものが食べたい」、「肉ナシ・油ナシ・乳製品ナシ・刺激物ナシ・生野菜ナシ」なんだもん。

病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ
藤村 公洋
講談社
売り上げランキング: 148,392

逆流性食道炎、潰瘍、腸炎を併発してしまったバーテンダーの藤村公洋さんが考案した体をいたわるレシピ。しかも、ちょっと仕込んでおけばほとんど時間がかからず、アレンジも自由自在なのです。体調があまり良くないと、夕ごはんの準備をするのも辛いし、買い物も億劫ですが、基本の配合を覚えてしまえば冷蔵庫にあるもので何とかなっちゃうのがうれしいです。

例えば、お浸し。この本にはカリフラワーの柚子胡椒お浸しが載っているのですが、柚子胡椒を切らしていたので、かわりにわさびを使ってみたら充分美味しかった。塩とお砂糖と水だけで煮る”塩煮”もびっくりするほど美味しくて、今まであれこれあれこれ調味料を入れていた自分は何だったんだ!! と衝撃を受けました。

それからこの本は、なんといっても写真が素敵です。
やたらと明るいキラキラしたレシピ本が多い中、しっとり陰影のある写真で大人の味わいを感じさせます。
我がレシピ本棚を見ると、新婚当初はお料理1年生やおかず100選みたいなの、続いて栗原はるみさん系、それからイタリアン、フレンチ、中華、エスニック、パンの本、ハーブの本、と来て、少し前はおしゃれブロガー発レシピ本が自分の中で流行っていたみたいなのですが、やっぱり年齢を重ねると落ち着いたものが良くなってくるのかしらねえ。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. pocokero より:

    こんにちは。^_^

    なんか、素敵なレシピ本やね〜。なんで、罪ほろぼしなんやろ?
    私もネット環境がない頃はよく本を買ってたよ。かなり処分したけど、ファイルにしたものとかは捨てられないー。ほとんど見ないのに。´д` ;

    腎臓の方はどう?
    花粉で悪化するのは、きついなあ。もう、そろそろ落ち着いたかな?

    • corgicorgi より:

      お返事遅くなってごめんね!!

      花粉が落ち着いてきたと同時に、少しお腹もおさまってきたよ。
      今年は飛散量が多かったからしんどかった~(TдT)
      腎臓はね、もう少しお薬を飲んで完全に菌を駆逐すれば大丈夫みたい。
      UCだとなりやすいんだって。pocokeroさんも気をつけてね。

      このレシピ本の著者さんはずっとお酒ばっかり飲んで内臓を酷使したので、心を入れ替えて体に優しいメニューを考案したんだって。
      私も前持ってたレシピ本のうち、おなかのことを考えると使えないなーっていうのは捨てちゃったけど、ファイルはとってあるなあ。なんか、捨てられないよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。