漢方が変わった

とうとう梅雨入りですね。
案の定、お腹の調子が悪いです。下血はないものの、痛みがけっこうあり、ぎゅるぎゅる動いてしまうので、焦ってトイレに走る状態です。
まだ次のヒュミラまで一週間以上あるのに、大丈夫かなあ。

そういえば、少し前から広島漢方のお薬が変わりました。これまで袋に「T」と書いてあったのが、前回の送付分から「今回からBになります」とだけ書かれたメモとともに、「B」になっていました。いきなり!
サイトを見ても何も書いていないし、なんとなくメモから「余計なことは聞くな」感がして、そのまま飲んでいるのですが、検索してみたらやはり皆さんBが送られてきていて、どうもTでは肝機能障害の副作用が出やすかったのを、改良してBになったみたい。飲み始めてから1年半たったので、次の段階に入って変更になったのかなーとか勝手に思っていました。

広島漢方をやっていて難しいなあと思うのは、微妙な意思の疎通がしにくいことです。私の場合はかかりつけの先生がよくわかってくださった上で漢方とヒュミラを併用していますが、広島の先生はヒュミラにはあまり好意的ではないみたい。一緒に使うことでの副作用がある、とはおっしゃらないけれど、ヒュミラは止められたら止めなさいっていう雰囲気。でも、両方使ってようやく人並みの6割くらい(低いwww)の生活を営めているんだもん。ただ、ものすごく手のかかることを、低価格でやってくださっている広島の先生には、感謝の気持を持っています。かかりつけの先生と同級生なんだけど、お二人とも精力的だなあっていつも感心します。特にうちの先生は、働いてないと死んじゃう!! みたいな人らしくて、看護師さんたちも「やらせておくしかないわよー」って笑いながら言ってました。

ああ、外の雨音が大きくなってきたのと共に、私のお腹の音も高くなってきた。無事に梅雨を乗り切れますように。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク