合併症の「血栓性静脈炎」

ここ一年くらい、なんなのかわからないけど困ったなー的な症状がありまして。

  • 足がとにかく浮腫む
  • 歩くとすぐ足が痛くなる
  • ちょっと立ってるだけで足が疲れる
  • 足首から土踏まずにかけて、変な模様が出てる

大腸以外で調子が悪いと、まず「運動不足だからだな」「デブだからだな」「おやつの食べ過ぎだな」と3大自己責任論を自分内で提唱するのですが、今回もそんな感じだと思ってた。でも、足の変な模様がどうも禍々しいので、かかりつけのアナゴ先生に、「お腹とは関係ないかもしれないんですけど…」とモジモジしながら見せたところ、「これ、合併症だよ」と!!

PSX_20140819_142649

ちょっと気持ち悪い写真だけど、参考になれば。
左足のくるぶし内側から、土踏まずのあたりに細かい血管が浮き出てるのと、赤茶色のぼやっとした斑点みたいなのが出てきています。土踏まずは腫れて出っ張っています。右足はこちらほどはっきりではないですが、同じような状態です。
合併症の「血栓性静脈炎」っていうものなんですって。潰瘍性大腸炎は血栓ができやすいのですが、その一種みたい。腸の炎症がおさまると、この炎症もおさまるんだって。そっか、目に見えない腸のかわりに教えてくれてるのかなー。

潰瘍性大腸炎は血栓による病気が起こりやすいので、血液を固まりにくくするヘパリンを使ったところ、潰瘍性大腸炎も良くなったかも、という文献がありました。(下の方でUSとなっているのはUCのタイプミスではないかと思う)
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/7/med0029/T0007912

気になるようなら、外科または血管外科に行くようですが、基本的には足を上げて安静にして、弾性ストッキングと湿布と、ということらしいです。一度行ってみるかなあ。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク