アイスバケツチャレンジと寄付は楽しいよ、というお話

テレビなどでも話題になっているアイスバケツチャレンジ。ご存知だと思いますが、一応説明は以下の通り。

アイス・バケツ・チャレンジ (Ice Bucket Challenge) あるいはALSアイス・バケツ・チャレンジ (ALS Ice Bucket Challenge) は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をする運動。2014年にアメリカ合衆国で始まり、Facebookなどのソーシャルメディアを通して社会現象化し、他国にも広まっている[1][2]。参加者の中には各界の著名人や政治家も含まれており、寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献している。
ウィキペディアより引用

いろいろ思うところのある人も多いようで、この有名人はこういう反応をした、というようなことがネットニュースになっていたります。しかしやはり難病当事者としての意見は少なくて(そりゃーそう。だって人数少ないもん)、自分の考えを書こうかなあ、と思っていたところ、IBD仲間のトラスク@Trasqueさんが「寄付される側」「寄付する側」「寄付されない病気の患者側」の視点から書かれた連続ツイートをまとめましたので、ご紹介します。

IBD患者がアイスバケツチャレンジについて考えてみた

こちらに書かれている通り、今回の企画は、まさにアイディアの勝利で、「病気の知名度を上げる」&「寄付金を集める」を両立した成功例だと思います。私は「やらぬ善よりやる偽善」という言葉が好きなのですが、善の純度を精査しすぎて苦しんでいる人を放置するより、多少不純なものが混ざっていたとしても、すぐ動いて結果を出すほうがいいと思っています。そして、「誰も私の方を見てくれない」とブツブツ言うよりは、何かのアクションを起こすほうがずっと建設的だと思います。的確な言葉でスマートに語ってくれたトラスクさん、ありがとう!!

それに、いつも深刻な表情で語られがちな難病で、楽しい笑顔が出てくるなんて、いいじゃないですか。
もし、これがIBDのためのチャレンジだったら、
ネイマールがスニガをいい感じで指名したり、
チャーリー・シーンが心底イケメンぶりを発揮したり、
香川ユナイテッドからのナイスパスをカズが名言付きでシュートしたり
みたいなのがあったら、私はとっても嬉しいよ。

個人的な話をすると、私はALSに対して特別な思いを持っています。
古い友人のご家族がALSになり、それを苦にしてご家族の皆さんが不幸な結末を迎えてしまったという経験があるのです(詳しいことは書けません。申し訳ありません)。その出来事が起きた時、私は既にUCを発症していたので、もし、連絡をとっていて、「私も難病のはしくれでねー」みたいな話ができていたら、何か違ったのではないか、それともそう思うのは傲慢なのか、ずっと考えています。
ご家族は仲が良く、大変熱心に患者さんを介護なさっていたそうです。どのような苦しみがあったのか、もう私には知るすべがありません。でも、もし、ALSが普通の会話で登場するほど知られていて、「あらーご家族がそうなんだ、大変ねえ、何かお手伝いできたら言ってねー」くらいのライトな世間話ができるようだったら、結末は変えられたのかもしれない、もしかしたら、と思ってしまうのです。
だから、たとえ著名人の売名行為でも、SNS内の馬鹿騒ぎであっても、病気のことを知る人がひとりでも増えたら、きっとどこかに救われた気持ちになる人がいるのではないか、と信じているのです。
もちろん、水をかぶらなければ/寄付しなければならないとは思いません。こちらのブログのように、病気の説明をしてくれるのもとても素敵なことだと思います。少し難しいかもしれませんが、ぜひ最後まで読んでほしいです。最後のほうに書かれている言葉に、心打たれ、励まされる気持ちになります。
This is my response to the ALS challenge. : Innervate The World!

ここからは余談ですが。
皆さんはどのくらいの頻度で寄付や募金をなさってますか?
私は、公的には(なんの?)「趣味はカメラです」と言っているのですが、もっともっと長い趣味暦を誇っているのが、「募金活動」なのです。初めて決まったお小遣いをもらうようになった小学1年生のときから、毎月何かしら募金をしているので、趣味暦約40年!!!
<趣味ヒストリー>
小1~高3:毎月お小遣いから募金箱に入れる。赤い羽根をしょっちゅうつけているこどもでした。
大1~結婚まで:フォスタープラン(現プラン)でアフリカの女の子が学校に通う支援をする。可愛い子と文通できて、ほんとに楽しかった。
結婚後~:フォスタープランは名義変更などが当時はちょっと大変だったので両親に託し、結婚を機に「幸せを全世界に強制おすそ分け♡」と、ユニセフに毎月引き落としで寄付を始め、いまも継続。10年毎に表彰状みたいなのを貰えて嬉しい。
震災後~:あしなが育英会の震災遺児支援を追加。定期的に送られてくる報告書で、こどもたちの施設ができていることを知り感激。あとはその時々で、保護犬関係の団体に寄付。

こんなふうに言うと、なんだかめっちゃ良い人みたいですが、そういうことではありません(断言)!!! 金額もほんの少しです。でも、ものすごく楽しいんです。自分が楽しむためにやっているんです。プレゼントを選ぶ楽しさです。例えば自分が持っている100円は、缶ジュースでも買って飲んじゃったらお終いですよね。でも、これを募金したら、「喜んでくれるかなあ♪」という私の喜びと、受け取ってくれた方が有効に使ってくれる喜びで、100円×2!! この低金利時代に2倍ですよ奥様!!! これが物価格差がある海外にでも寄付してみたらどうでしょう。ものすごい勢いで増えますよ。こんなに喜ばれレバレッジが高い趣味って他にないと思います。

こんなお手軽に何倍も楽しめる寄付、皆さんも趣味に取り入れてみませんか?
もちろん、お金を送るだけではありません。
最近おすすめの寄付は、使わなくなった衣料品を箱詰めして送ると、途上国のこどもたちのワクチンになるという、「古着deワクチン」です。
古着deワクチン|不要衣類・バッグの回収で社会貢献
それからお皿や文具などの日用品を必要な人に配布したり、バザーに使ってくれる「北名古屋市こどもセンター」。
北名古屋市こどもセンター
使わないのに何となく手元においていたモノが、役に立つ場所で羽ばたくようになるって、自分も嬉しいし、モノも幸せですよね。

というわけで、趣味仲間が増えますよーうに!!

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク