病院で驚いたこと

(今日は写真はありません。ごめんなさい)

混合ワクチンのため、動物病院に行ってきました。

行きつけの病院はとても丁寧に診察してくれるし、最新の治療にも詳しく、

スタッフの方々も感じがよくてとても清潔なので気に入っています。

いつもそれほど混雑していないのですが、今回は予防接種などの時期だからか、

ずいぶん大勢の患畜さんたちがいました。

そのなかには、ちょっとびっくりするような人たちがいて、複雑な気持ちになりました。






犬の写真を撮るのに夢中で、名前を呼ばれてもなかなか診察室に入らない人。

あたりかまわずマーキングをする犬。しかも、飼い主さんは掃除しようともせずおしゃべりばかり。

気づいてないわけではなくて、「うちの子、マーキングがすごいのよ~」なんて言っている。

待合室で犬がウンチをしてしまっても、片付けない(ティッシュなどを持ってきていない)。

仕方ないので、持参のトイレセットをお渡ししました。

しかも次に入ってきた犬もウンチ&持ってないのコンボで、こちらもそうそう持ち合わせがないので

スタッフの方を呼んできました。

目玉が飛び出るんじゃないかって心配になるような顔で吼え続ける犬。

飼い主さんは、「この子、すぐ吼えるんです~」なんて平気な顔をしている。





すぐ横で阿鼻叫喚の騒ぎになっていましたが、きなこは私の足元でちゃんとお座りして、

ニコニコで待っていました。むしろ、「きなちゃんはいい子でしょ?」と言わんばかりにご機嫌で、

褒めてやるととっても嬉しそうでした。診察室でも褒められまくりで、かなり鼻高々になってました。





それにしても、マーキングしてしまうことがわかっているなら、マナーベルトをするとか、

最低でもペットシーツを持参すればいいのに。

それに、いたるところにマーキングする犬は相当にストレスを溜める毎日なはずです。

吼え続ける子も、適切なしつけを行えば収まるのに。

トイレセットを持っていないのは、もう言語道断です。





迷惑というより、こんなことをしてしまう犬たちがかわいそうなりません。

犬は悪くありません。そんな行動をさせる飼い主が悪いのです。

私はそうとうな犬馬鹿なので、どんな犬でも、多くの人から可愛がられ、愛されて幸せであってほしいと

願っています。でも、こんなふうでは、犬が嫌いになる人もいるだろうし、他の動物の飼い主さんだって

迷惑に思うでしょう。猫やウサギなど小動物はきっと吼え声に恐怖感を感じるでしょう。

同じ犬でも、体調の悪い子にとっては大変な迷惑です。





最低限のしつけと社会化は、その犬が誰からも可愛がられるために絶対必要なことです。

きなこは賢い子じゃないし、いろんな芸ができるわけではないけれど、

どこに行ってもリラックスしていられるし、他の犬に吼えたてたり、

人に迷惑をかけるようなことはしません。

ニコニコして待っていられるから、大人から子供まで、誰からも可愛がってもらっています。

人も犬も大好きでストレスがないきなこは、きっと動物病院にいたわんこたちよりずっと

安定して幸せな精神状態だと思います。





しつけは、犬を変えるのではなく、飼い主が変わることです。

犬がダメなのは、飼い主が怠けてサボっているからです。

それなのに、「うちの子ってダメだから」と犬のせいにして、自分は何も変わろうとしない人が多すぎる、

と、きなこのしつけ教室の先生があきらめ半分に愚痴っていました。





本当に犬がかわいいなら、何をしなければいけないのか、考えてほしいと切に思います。







今回はお写真なしです。堅苦しい内容でごめんなさい。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。