ペットは泣いている

クローズアップ現代で今日放送された「ペットは泣いている~激安競争の裏側で~」を見ました。

惨いとしか言いようのない環境で、機械のように犬に繁殖を繰り返させ、役に立たなくなれば使い捨てにする繁殖屋。「動物より人間が大事でしょ?」と平然と言いながら、不要犬引取り=殺処分に飼い犬を持ち込む人。安易にペットショップで、可愛いから、一目ぼれしたから、と2ヶ月齢にも満たないような子犬を飼う人。

これらのことはよく知っていましたが、映像で目にすると胸が詰まり、言葉になりませんでした。

繁殖業者やペットショップの基準を厳しく定めるのは必要ですが、なにより軽々しい気持ちでペットを飼い、都合が悪くなったら捨てる、そうでなくてもネグレクトする「一般の飼い主」の存在が、これらの悲惨な状況を生み出しているのです。

ペットは環境を選べません。あなたの「一目ぼれ」が、そのペットがもっと良い飼い主と出会う可能性を奪い、一生の不幸の源になるのかもしれないのです。「赤ちゃんが見たいから」という気軽な繁殖が、どこかの犬や猫の殺処分につながるかもしれません。

どうか、この世界に生まれ落ちた命が、皆等しく幸せであるように、ほんの少し立ち止まって考えてください。

一匹の動物を不幸にするのはとても簡単です。その子がいることを、忘れてしまえばいいのです。

でも、不幸な動物を救い出すのは、とてもとても大変なことなのです。大勢の人の努力と、時間と、労力と涙が必要になるのです。

どのペット達も目にするものが全て美しく、人の笑顔にあふれる世の中になりますように。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。