初めての大腸内視鏡検査(当日編)

さあ検査当日!


特にトラブルのない人の場合は、たぶん夜中にお腹が痛くなることはないと思うのですが、わたしはかなり腸粘膜から出血があったので、夜中に何度も痛みで目が覚めてしまいました。


朝起きたら水やスポーツドリンクをコップ3杯飲みます。お腹に残っていたものを出し尽くして、病院へ。


検査着に着替えたら、鎮静剤と痛み止めの含まれた点滴を受け、効いてきたところで内視鏡検査が始まります。多少痛みがありましたが、ネットで見た経験談ほどではなく、全然普通にモニターに写る自分の腸内を見ていられました。所要時間は30分くらいでした。


その後、鎮静剤が抜けるまで一時間くらい控え室のベッドで横になります。その間、看護師さんからこれからの食事管理などについて説明。レシピ集なども貰いました。


着替えたら、先生から詳しい説明を受けました。
全大腸型(大腸全体に潰瘍が広がっている)潰瘍性大腸炎であること。
粘膜の状態はかなり悪く、まず腸を安静にさせて、炎症を抑える必要がある。
ペンタサ錠に加えて、ひどい炎症を抑えるためのステロイドを服用すること。
食事はおかゆのような負担にならないものにするが、ちゃんと栄養を取らないと粘膜が回復しないので、経腸栄養剤のラコール(オールインワンの栄養ドリンク。マックシェイクみたいな味)を1日2回飲むこと。

食べていいものはおかゆ、柔らかいパン、お豆腐、プリン、ヨーグルト、おうどん(具・薬味なし)、卵豆腐など。白っぽくてふにょふにょしたものですね。

ストレス、運動、疲労は厳禁。のんびりして心身を休めなければなりません。

一週間の食事制限と投薬による回復状況をみて、今後の薬の量や治療を決めていくそうです。


帰宅後、お昼ごはんとしておかゆ。
午後、ラコール1本。
夕ごはんはポタージュスープ、やわらかめのトースト(バターなし)、プリン。

昨日からの絶食で、何を食べても美味しい…
おかゆ(゚д゚)ウマー!
スープ(゚д゚)ウマー!!パン(゚д゚)ウマー!!!
プリン(゚∀゚)プルプル!!!

思ったより検査も苦しくなかったし、絶食もなんとか乗り切れたので良かったです。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。