漢方の先生に報告

昨日の日記に書いた漢方の先生の診察日でした。


前回の診察でぜひ内視鏡検査を受けるようにと言われていたので、やっぱり潰瘍性大腸炎でしたーと報告すると、ちゃんと薬を飲んで、食事に気をつければ、症状を悪化させずに良い状態を維持できるから安心してね、と励まされました。漢方の先生だけど、西洋医学のお薬を否定したりせず、お互いに補完しあうように使っていきましょう、と言ってくれる先生なので、いろいろなことを相談できて助かります。


一人一人丁寧にお話されるので、予約制だけど一時間くらい待たなければならないのが難ですが、診てもらうとほっと安心する感じが嬉しいです。


お腹の触診や舌の状態、脈のふれ方などから、まだ炎症が少し残っているようなので、熱を取りながらも内臓はほんのり暖めるという「半夏瀉心湯」を貰いました。

関連する記事


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. llatte より:

    こんにちは(*^_^*)

    半夏瀉心湯は私も飲んだことがあります。
    (過敏性と診断されてた頃に・・・)

    良い漢方の先生ですね!
    こちらはいまいち漢方の先生がいるのか
    どうかが分かりません!
    症状が落ち着いたら探してみようかなー。

  2. corgi_corgi より:

    llatteさん☆
    半夏瀉心湯、ちょっと苦くて変な味ですね(´・ω・`)

    ほんとに良い先生なんですよ~。
    同じ年の女性の方なんですが、優しくて頼れるのでつい甘えちゃいます。
    漢方は先生との相性も薬になると言うらしいので、いい先生が見つかるといいですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。